オランダなう

オランダなう


オランダ フリーランサーの傷害保険加入を義務化へ

2019-07-04



オランダのZZP’ers (従業員を持たない個人事業主)の41%は、万が一自身に障害が出て仕事ができなくなった場合の、経済的なバックアップ計画がない。

これは科学研究機関TNOと国家統計機関による2年間の研究によるものだ。

この研究はまた、個人事業主が障害保険の費用を高すぎると考えており、将来障害を持って働けなくなったとしても、生活を支える貯蓄も投資もないことを示した。

障害保険の未加入や万が一の時のための資金を持たないのは、低収入フリーランサーの間ではより一般的となっている(64.8%)。

これとは対照的に、高収入フリーランサーでは、障害者保険未加入や万が一のための経済資金を持たないのは23%のみである。

雇用されている人々とは異なり、障害者保険への加入は個人事業主/フリーランサーにとって必須ではない。

報告書によれば、個人事業主/フリーランサーの20%弱が障害保険に加入しているのに対し、31.6%が万が一に備え貯蓄や投資をしており。 10%が自分の家の価値をバックアップ資産として使うことができると答え、5.4%が自分の事業の価値をバックアップとして使うことができると答えた。

保険に加入していない人々の46%が障害保険の費用が給付を上回ることはないと答え、37%は保険の費用を支払うことができないと答えた。
少数の人々は、年齢や健康のために障害保険に加入できないと述べた。
これは55歳以上の人々でより一般的であった。

オランダ政府が最近決定した年金協定では、個人事業主の障害者保険加入は今後義務となる見込みだ。
この計画の具体的なプロセスは来年始まる。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US