オランダなう

オランダなう


「オランダ住宅不足問題 」2030年までに100万戸の新築住宅建設計画

2018-05-18



オランダの不動産業社および建設事業事業社は、2030年までに100万戸の新築住宅の建設を計画している。

 

業績の良い住宅開発業者14社、投資家、建設会社のグループが、今後10〜15年で新築住宅に2,000億ユーロを投資する計画を内務省に提出している、とDe Telegraaf新聞が報じている。

 

このプロジェクト下の、NEPROM開発者協会は、オランダの住宅需要は端的に供給よりもはるかに大きいと述べている。

オランダの世帯数は、住宅数よりも急速に増加している。

2017年には65,000件の新規住宅建築許可が発行されたが、オランダには新しく82,000世帯が追加となっている。

NEPROMは、2025年までに60万件の新規住宅が必要になると推定している。

 

特に、若者と高齢者は、オランダの住宅問題の犠牲者である。

2022年までに、毎年約9万人の学生が卒業する。

ほとんどの新卒者にとっては住宅購入は不可能なので、民間賃貸物件の最低賃料である710-1000ユーロの住宅への居住が予測される。

この賃料の物件入居は、希望者が大変多く、需要と供給の比率が最悪となっている、

 

さらに、75才以上の高齢者の数は急速に増えている。

今後5年間で、歩行困難な高齢者の数は10万人以上増加すると見られ、バリアフリーの住宅の確保も必須であるが、十分な数の住宅は建設されていない。

 

 

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US