オランダなう

オランダなう


オランダ住宅価格の上昇ではじめての住宅購入者が減少

2018-07-10



オランダの住宅価格の上昇により、初めて住宅を購入する人の数が減少している。

 

住宅ローンデータネットワークHDNの報告によると、今年第2四半期、オランダで初めて住宅を購入する人たちを意味するスターターズ(starters)による住宅ローン申請の数は、住宅ローン申請の全体数が上昇しているにも関わらず。9%以上減少した。

昨年は、住宅ローン申請の約40%がスターターズによって行われたが、今年は全体の約3分の1のみとなっている。

 

HDNによると、初心者が住宅市場に参入することはますます困難になっている。

住宅ローン申請件数の減少は、住宅価格の急激な上昇だけでなく、住宅購入時に、より多くの頭金が必要になっていることからも引き起こされている、と指摘している。

 

今年から、ローンで借りることができるのは、住宅の価値の100%が上限となっている。

昨年はすでに101%までに引き下げられていたが、過去は110%が上限であった。

 

とりわけ、公証人費用および手数料は、自分の貯金から支払わなければならない。

 

そして、希望の住宅についた他の買い手候補よりも高い価格で入札したい場合、その金額もまた自分のポケットから出す必要がある。

 

今年、スターターズは平均で、自分の貯金から約39,000ユーロ(約507万円)を支払った。

昨年は32,000ユーロ(約416万円)であった。

 

大きく問題となるのは、住宅がますます高額になっているということだ。

今年、オランダの平均住宅価格は9%以上上昇して約335,000ユーロ(約4,355万円)となった。

 

PR: オランダコンサルタント オランダでの賃貸物件をご紹介、契約成立まで交渉をいたします。
ご入居時には、日本人スタッフがお立ち会いしますので安心です。

 

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US