オランダなう

オランダなう


オランダ個人事業主 傷害保険や個人年金への加入減少続く

2018-05-26

オランダ起業家ビザ取得の方法



障害保険に加入したり、個人年金をかける個人事業主は減り続けている。

 

オランダ統計局によれば、2016年に従業員を持たない個人事業主(ZZP’ers) 89万5,000人のうち、障害保険(AOV)に加入している人は17万人(19%)のみである。

従業員を持つ個人事業主(ZMP’ers )の場合には、障害保険の加入者数は、全体の約3分の1と非常に高い。

 

一般的に、雇用されている人々が年金基金を持つのと違い、個人事業主は自身の引退後の生活費は自分でまかなう必要がある。しかし、個人年金に加入しているのは、従業員を持たない個人事業主のわずか10%、従業員を持つ個人事業主は16%であった。

 

過去5年間で、障害保険および個人年金に加入する個人事業主の数は減り続けている。

NOS経済担当のアンドレ・メイネマ(André Meinema)氏は、この傾向は、景気がひどく悪くなり、個人事業主への十分な仕事がない年に始まったと語っている。

仕事の減少は収入の減少を意味し、個人事業主のコストで最初に削減されるのは、障害保険および個人年金へ料金であった。

 

年齢と事業の種類も保険の加入者数を左右する。

25歳までの若年者と65歳以上の人々は、障害保険加入がもっとも少なく(それぞれ7%、1%。)、中年層では約20%ともっとも加入者が多い。

建設業や農業などの身体を使う職業では、ほとんどの場合保険がかけらる。

より高い所得を持つ個人事業主もまた、保険への加入が多い。

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US