オランダなう

オランダなう


オランダ 医療機関の人材不足が深刻

2018-03-12



オランダの医療機関での雇用件数は急速に増加しているが、有資格就労者の不足問題が大きくなっている。

 

オランダの雇用保険代理店UVWは、今年医療機関では13万人の雇用求人があると報告しているが、その多くを埋めるのに十分な資格のある人材がいない。

すでに100万人以上がオランダの医療機関で働いている。

 

より多くの人材が必要とされるという実態には、スタッフ対患者比の改善などの要求およびスタッフの高齢化に紐付いている。

事実、健康管理業種で雇用されている人々の約4分の1は55歳以上で、今後数年間で退職する予定となっている。

医療機関の雇用主は、職員を見つけるのが非常に難しいと述べている。

この問題を一番大きく抱えているのは病院、在宅ケア、メンタルヘルスケアだ。

このうち80%は人材不足問題に直面している。

 

オランダの病院組合DVZはNOSに対し、病院の職員には既に大きな負担がかかっており、多くのスタッフが通常以上の勤務を行っていると語った。

熟練のスタッフ不足が原因で、手術がキャンセルされることや、専門チームが新しい患者の受け入れを中止するなどのケースも起こっている。

 

またスタッフ不足は、新しいスタッフを募集することも困難にしている。

今週行われる医療機関の求人イベントは、イベント自体のスタッフ不足に悩まされていると、NOSは報告している。

 

ブルノ・ブリュインズ(Bruno Bruins)保健相は、この問題をどのように解決するかについて、議会に発表する予定だ。

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US