オランダなう

オランダなう


オランダ市民 社会への楽観的気分 減少

2018-12-28



オランダ市民が感じている楽観的な社会への気持ちは、今年初めと比べて減っている。
社会文化計画局(SCP)による、最新のオランダ社会および政治への国民の見解調査の中で明らかとなった。

調査によると、調査対象の1200人のうち48%が社会について悲観的で、42%が楽観的であった。
悲観的な人々の割合は、今年の初めに比べ増加している。

この調査によると、教育や収入が低い人は、自分たちの生活や社会について、より悲観的になる傾向がある。

調査対象者の約3分の2は、オランダの所得格差は大きすぎると考えている。
また、77%が政府が教育、医療、貧困対策にもっとお金を使うことを望んでいるが、そのための増税に賛成しているのはわずか13%だ。

政治に対する批判もある。
回答者の61%が国内の政治が複雑すぎると感じており、48%は政治家同士が不適切に対処していると考えている。

この調査では、オランダの人々が徐々に柔軟な社会になることについてどのように感じるかについても調べた。
つまり人々がいつどこで仕事をするのか、店舗はどのくらい遅くまで開けるのかなどの選択肢を持ち、消費者がいつでも注文ができたり、配達の時間も自由に選択できるなど、従来のオランダの言わば、9時17時の社会から24時間営業の社会と変動していくことについての調査である。

大多数のオランダ人は柔軟な社会になることに前向きだが、約63%の人々が時々、17%は非常に頻繁に、この変化により日常生活でプレッシャーやストレスを感じているとした。

過去10年間でプレッシャーとストレスはそれほど大きくは上昇していないが、62%が仕事と生活のバランスをとるのが難しいと答えている。

一方、自分の希望に比べて忙しすぎると思う人の割合は、2010年の36%から今年は23%に低下し、良い結果となった。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US