オランダなう

オランダなう


オランダ新法律で保育園費用が上昇へ

2018-05-10



オランダでは保育園のスタッフ不足から、保育園費用の上昇が予想される。

 

オランダの保育園には既に保育士不足の問題があるが、新法律により問題はさらに深刻化するだろうと、ABN Amro銀行が報告している。

 

2018年1月1日、新法律 Innovatie en Kwaliteit Kinderopvang(チャイルドケアの革新と品質、IKK法)が施行された。

その法律の一部により、2019年以降は、保育士ひとりが一度に世話できるのは子ども最大3人までと決定された。

現行法律では、保育士ひとりに対し4人までとなっている。

 

新法律により保育所はより多くのスタッフを雇用しなければならず、その結果としてコストが上昇する。

これらの上昇する費用は保護者の支払う費用に影響することになる。

 

オランダ全体では保育所のほぼ4分の1が10%以上のコスト上昇を予測している。

経済調査機関のSEOによると、平均ではコストは4.6%上昇する。

しかし小規模保育所の35%、大規模保育所の14%はコストの上昇を予測していない。

 

保育所費用の上昇を受け、低所得または中所得の若い保護者の多くが、子どもを保育所に預けずに自宅で見ることを選択する恐れがある。

保育所は子どもの発達に良いだけでなく、母親が仕事をすることを手助けすると、専門家が指摘している。

 

ABN Amro銀行によると、今後少なくとも2500人のスタッフ追加が必要となる。

採用はまだ始まっておらず、研究者は問題を予期している。

現在、チャイルドケア業ではすでに毎月約450の求人があり、2016年に比べて2倍である。

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US