オランダなう

オランダなう


オランダ 格安スーパーは本当に安いのか 検証結果

2019-04-14



格安スーパーでの商品の値段は実際に安いのだろうか?
オランダのテレビ番組「Kassa」の年間テストでは異なる結果が出た。

今年、Kassaは、平均的な家庭で使用されている一般家庭用食料品のうち最も安価な食料品リスト(例:塩や砂糖、油)27種を挙げ、オランダの町アルメレ(Almere)にて値段比較調査をした。

その結果、格安スーパーマーケットのアルディ(Aldi)とリドル(Lidl)は、アルバートハイン(Albert Heijn)とユンボ(Jumbo)よりも、高い値段がつけられていたことがわかった。
最安値は、ディルク(Dirk )であった。
下記は高値から安値までの結果だ。

<27種の食料品総合価格>
アルディ: €47.51
リドル: €46.96
アルバートハイン: €46.18
プルス(Plus): €44.31
ユンボ: €42.90
ディルク: €42.25

番組によれば、アルバートハインやユンボのような格安でないスーパーマーケットの商品の値段が、格安スーパーマーケットよりも安いのは、低価格帯商品の値段を非常に低く抑える力があるからだ。

しかし、アルディとリドルはこの結果を受け、同社らの製品は他の社の製品よりも基本の品質が良いと答えた。

番組では、アルディとリドルの製品の基本品質は、他の社の製品よりも優れているという主張は正しい、と認めている。
その他の社ではアルバートハインだけが、2社の価格と品質の比率に近づいている。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US