オランダなう

オランダなう


オランダ経済成長 今後2年で減速 主に人手不足が原因

2018-12-14



オランダの経済成長は、労働者の不足と海外での成長が少なくなっており、今後2年間で減速すると見られる。

これはラボバンクによる最新の四半期経済報告書によるものだ。

オランダ経済は今後2年間で引き続き成長するが、2019年には1.9%、2020年には1.7%まで減速する予測が出た。

現在のオランダ経済成長率は2.6%である。

予測される経済成長減速の最大の理由は、オランダで問題となっている労働者不足だ。

特に建設業では、労働力不足が工事納期を遅らせることになり、結果として経済に影響を与えている。

この事実はまた、住宅への投資の減少を引き起こすと考えられている。

IT部門も同じ問題を抱えている。

労働者不足に加えて、対オランダの貿易国における景気減速も輸出を押し下げているという事実もある。

しかし、ラボバンクによれば、オランダの経済は依然として多くの外国よりも良好である。

エコノミストによれば、今後の状況を改善するためには、オランダ政府が持続可能性と生産性にもっと注力すべきであるとしているが、これが正確にはどのように経済成長の助けになるかは明らかにはされていない。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US