オランダなう

オランダなう


オランダ 調理師やウェイター不足 フリーランサーの稼ぎも上昇

2018-07-16



オランダでは、調理師やウェイターの人材不足はますます進んでいる。

 

オランダの雇用保険会社UVWによると、飲食店ホテルケータリングサービスの呼称HORECA産業の雇用数は年率3.5%上昇している。

これは、経済全体の雇用成長率(0.6%)よりもはるかに高い。

UVWは、来年、HORECA産業に442,000件の求人があると見積もっている。

しかし同時にHORECA産業では、特に飲食店の調理師やウェイター職において継続的に深刻な労働者不足問題を抱えている。

UVWは調理師の求人の約80%は、埋めることが困難な状況であると報告している。

 

この問題はフードビジネスへの深刻な影響を及ぼしており、人員不足から週に何日も休業を強いられている店舗も多い。

テクセル島(Texel)のような都市部から離れた小さな地域での雇用者不足は特に問題となっている。

 

現在オランダのフードビジネスは、スペインなどの他の国からの調理師の輸入に頼っている。

オランダ国内には技術を持つ調理師の数が十分でないからだ。

企業では調理師らに、より高い給与、即時永久契約、さらにはインセンティブとして、企業車や住宅サポートを提供している。

 

人材派遣会社からフリーランサーとして派遣される調理師も増えている。

人材派遣会社によれば、フリーランサーの調理師は、1時間に最低22ユーロを稼いでいる。

この会社の記録では6月には、フリーランサーは時間当たり平均24.50ユーロ、高額のケースでは44ユーロを稼いでいる。

フリーランサーが飲食店で稼ぐ金額は昨年と比較して30から40%増加しているのも注目の点だ。

 

 

 

 








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US