オランダなう

オランダなう


オランダ賃料がまた上昇 全国の家賃相場一覧2019

2019-04-24

© Pararius



賃貸物件の家賃が上昇し続けるオランダであるが、再度の上昇が報告された。2019年最新の賃料相場とは?物件のタイプ別、全国都市別、州別で確認していこう。

今年初めからの3ヶ月間で、オランダ全国の民間賃貸物件賃料は、5%近く上昇となった。

賃貸物件掲載サイトParariusによる最新の家賃調査レポートによると、1㎡当たりの平均家賃は2019年第1四半期に全国で平均4.9%上昇した。
オランダの賃貸住宅の新規テナントは現在、賃料に毎月平均16.33ユーロ/㎡を支払っている。

オランダの物件タイプ別の平均家賃

オランダ全国レベルでの物件タイプ別で見ると、
・ローハウスやセミデタッチハウス物件の1㎡当たりの月平均家賃は12.53ユーロであった。
・デタッチハウス物件は1㎡当たりの月平均家賃は13.55ユーロであった。
・アパート物件は1㎡当たりの月平均家賃は17.74ユーロであった。

狭い物件は1㎡当たりでは割高となっているのがわかる。

「家具付き物件」対「家具なし物件」の平均家賃

・スケルトン住宅(オランダ語:Kaal)の賃料は、オランダ全国で月平均1㎡あたり 11.50ユーロ(7.5%増)で最低であった。
・床、カーテン、いくつかの基本的なキッチン設備などが付く、オランダの家具なし住宅(オランダ語gestoffered)は1㎡あたり15.30ユーロ/平方となった(4%増)。
・家具付き物件が最も高く、全国月平均で1㎡あたり 18.87ユーロ(2%増)となった。



オランダの5大都市(G5)の現在の家賃相場とは?

オランダのG5と呼ばれる5大都市の中では、アイントホーフェンの賃貸物件賃料が最も上昇した。
アイントホーフェンの新規テナントは1㎡当たりの月平均家賃に14.94ユーロを支払った。
同都市の現在の家賃は2018年の同四半期と比較して9.7%の増加である。

アムステルダムでは、同期間での上昇はわずか3.6%であり、上昇率は全国平均を大きく下回った。
しかし依然として、アムステルダム市での1㎡当たりの月平均家賃は22.98ユーロで全国最高賃料を維持している。
興味深いことに、アムステルダムは、家賃価格でEUの主要15都市の中で9位にランクインとなった。
パリ、ロンドン、ルクセンブルクがトップ3である。

ロッテルダムでは、賃料は平均8.6%上昇し(16.29ユーロ/1㎡/月)、ユトレヒトでは7.6%上昇した(17.27ユーロ/1㎡/月)。
デン・ハーグは1㎡当たりの平均家賃は15.96ユーロで4.7%と、最低上昇率となった。

オランダ全国各地の最新家賃相場

主要都市近隣都市の家賃も大幅に上昇した。
以下は日本人移住者に人気のある都市別、毎月の1㎡当たりの平均賃料だ。


オランダ州別の家賃上昇率

州別で見ると、もっとも賃料の上昇が多かったのは、
1フレヴォラント州(17.18%増)
2ゼーラント州(15.51%増)
3ヘルダーラント州(9.2%増)
であった。

・北ホラント州は3%増加し、月家賃平均は1㎡当たり21.19ユーロとなった。
・南ホラント州は6.9%増の1㎡当たり家賃平均15.65ユーロであった。
・ユトレヒト州は8%増で、1㎡当たり家賃平均15.56ユーロとなった。

フリースラント州では、賃料は3.9%減少して1㎡当たり家賃平均9.32ユーロとなった。
フリースラントは1㎡当たりの価格が10ユーロを下回る唯一の州である。

PR:オランダでの賃貸物件をお探しならオランダコンサルタントまで。 日本語で賃貸物件をご紹介、契約サポート、入居のお立ち合いも。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US