オランダなう

オランダなう


オランダ 賃貸住宅世帯は購買力が低い傾向

2018-05-29



オランダで賃貸住宅に居住をしている人々の購買力は、住宅所有者の購買力よりはるかに低い。

 

オランダの世帯経済情報組織NIBUDの報告によると、住宅所有の世帯は住宅ローン利息税制優遇の利点により、より多くのお金の節約が可能であることから、住宅を賃貸している世帯よりも可処分所得が多い。

 

一方、賃貸住宅に住む世帯では通常、同様の収入を持つ住宅所有者よりも、自由に使えるお金が少ない。

例えば、中程度の収入を持つ子供を持つ夫婦が住宅を賃貸する場合に、住宅への家賃以外に毎月使用するお金は、同じ収入を持つ住宅を所有する夫婦より、266ユーロ少ない。

賃貸住宅に住み、かつ、住宅控除を受けない世帯ではさらに少なくなる。

 

そして、現行政府の政策下では、その違いは増加し続けると、NIBUDは指摘している。

 

関連ニュースとして、不動産評価会社Calcusaは、過去5年間で、オランダの15大都市の住宅価格は平均で40%上昇したと報告している。

ロッテルダム、デン・ハーグ、ユトレヒト、ハーレム、アメルスフォールトなどの都市では、過去5年間で30%以上の増加が見られた。

アムステルダムでは、同時期に価格が約65%上昇した。

 

オランダ全体では、住宅価格の上昇平均は、過去5年間で28%となっている。

 

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US