オランダなう

オランダなう


スキポール空港 ピーク時発着件数限界でさらなる成長は不可能

2018-05-04



スキポール空港のさらなる成長は不可能である。

 

今後数年、スキポール空港での朝と夕方のピーク時の混雑は継続する。

空港としてのさらなる成長は、ピーク時間外に行われなければならず、ピーク時にこれ以上の発着件数を増やすことは不可能だ。

 

上記は、Haarlems Dagblad新聞とNoordhollands Dagblad新聞でのオランダのインフラ整備と公共事業のデータを基にしたレポートによる。

 

レポートによると、例えホリデーシーズンのフライトを近くのLelystad空港に移動させても状況は改善されないと指摘されている。

 

スキポール空港は、毎年増加している乗客数で成長が続く。

昨年、6840万人の利用客がスキポール空港から渡航した。

空港には最大の乗客数は設定されていないながらも、今年は空港で500,000便の離陸と着陸が行われるとされ、政府とスキポールで合意された最大便数は、2020年末までに到達する見込みだ。

 

航空管制では、現在の能力で毎年最大発着54万便を処理できると考えている。

しかし、これは、離陸と着陸で4つ以上の滑走路が同時に使用される場合にのみ可能な数字だ。

この最大数については、地元住民グループからの合意が得られていない。

 








オランダ税務サポート
VAT申告、所得税申告、税金アドバイスは


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US