オランダなう

オランダなう


ユトレヒトの襲撃事件 容疑者逮捕 薬物使用や犯罪履歴の過去 テロではなく、個人的な動機の可能性

2019-03-19

© NOS



18日に起こったユトレヒト市内の路面電車での襲撃事件で、容疑者の男についての新事実が発表された。

トルコ出身のGökmen Tanis容疑者37歳は18日午後、オランダ警察により逮捕された。
男の発砲により、被害者の3人が死亡、5人が怪我、うち3人は重傷を負っている。

警察は依然として男の犯行の動機から完全にはテロを排除していないが、容疑者の男には精神の問題と麻薬使用と犯罪の履歴があったことが捜査により明らかになっている。

2012年以降、容疑者の男は盗難、強盗、飲酒運転、銃撃、強姦などの様々な犯罪に関わっている。

容疑者の男と一緒に定期的に薬物を使用し身体的な関係があったある女性はこの男を強姦罪で告発している。
女性は容疑者の男について、テロリストよりは、むしろ、異常な麻薬使用者であると証言している。

容疑者の友人たちの証言では、男は2年前の離婚がきっかけとなって破綻している。
ある期間には男は敬虔なイスラム教徒として、あごひげを生やし、イスラム教徒用の長いローブを着用して暮らし、それ以外の時には、連続飲酒や薬物を使用していた。

事件現場は、18日夕方、通行止めが解除されている。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US