オランダなう

オランダなう


オランダの企業の多くが個人事業主の法律違反

2019-03-06



オランダ大多数の雇用主は個人事業主のための要件を満たさない個人事業主/フリーランサーを雇っていることが判明した。

これは、オランダの税務当局が行った調査から明らかになったもので、財務大臣からオランダ議会下院に報告された。

さまざまな業種からなる企業、合計104社が調査対象となった。
これらのうち59社は、本物のクライアントとフリーランサーの関係を確立するための要件を満たしていなかった。

たとえば、クライアント側がフリーランサーに対し権限を持つ、または個人事業主/フリーランサーと、従業員とでの働き方、内容が同一であるなどの場合、偽装された雇用であるとみなされる可能性がある。

12社の企業では、フリーランサーを悪用したり、個人事業主を利用して意識的に税金を回避したりするなど、悪質な意図を持っていたと思われる。
オランダ税務当局はこれについて追跡調査を行っている。

この調査は、企業らがどれくらいDBA法を遵行しているかを図る目的で行われた。
この法律は、偽の個人事業主を雇うことを阻止する目的で2016年に導入された。
しかし、法律はまだ施行が強制されていない。
どのような場合に個人事業主のカテゴリーに入るのか、どのような場合には適切でないのかに関し、まだ多くの不確実性があり、2020年1月1日まで施行が延期されている。

PR: オランダの税金やDBAにつきましては-オランダコンサルタント-までご相談ください。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US