オランダなう

オランダなう


オランダ物価が上昇 隣国比では一番の上昇率

2019-08-04



オランダンは、今年2019年初め、昨年同時期と比較して、多くのインフレがあった。

これは、オランダ統計局が使用した11のインフレ指標のうち8つの結果から明らかになっている。

これらの8つの指標は通常よりも高く、実に2008年以来インフレを示す指標のうち最も高い指数となった。

食料、飲料、およびたばこの価格、光熱費、給与、新築と中古住宅、国内の原材料および輸入機械の価格は全て、強いインフレを示した。

報告書はまた、オランダの消費者物価が他のEU諸国のほとんどの国よりも高いことを示した。

オランダはHICPのスコアが+2.6と、EU内ではルーマニア、ハンガリー、ラトビア、エストニア、ブルガリアに次いで6番目に高い消費者物価上昇率を記録している。

HICP(消費者物価の調和指数)は、EU加盟国の消費者物価を比較するためにEUが設定しているものだ。

EUでのHICPの平均スコアは+1.4で、最低スコアはポルトガルで+0.7であった。

2019年第1四半期の住宅価格の上昇(新築中古の両方)では、オランダはハンガリー、チェコ共和国、ポルトガル、スロベニアに次いで、EU諸国の間で5番目になっている。

イタリアは-0.8と値上がり指数はマイナスで、最下位となった。








オランダの税務を日本語でサポート
オランダでのVAT申告、所得税申告、税金アドバイス。日本語で丁寧迅速なサポート。ビザ申請や更新書類の作成も。お問い合わせはオランダコンサルタントへ。


オランダなうへバナー広告を掲載しませんか?

FOLLOW US